2009年05月22日

独自消費者調査

不満足の種

 アフター対応は顧客満足度を左右し紹介やリピート受注に影響する。

 本紙の独自消費者調査の結果から、住まい手のアフターに関する不満足の種をピックアップし([住まい手の声]の部分)、その対応策をまとめた。

続きは新建ハウジング4月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ネットワークのマーケティング戦略

5月に新FC「桧住宅」設立

富士ハウスの展示場を買収、会員が運営

 地域工務店のネットワーク・ユートピアホームを運営する(株)桧家住宅(埼玉県加須市)は4月9日、加盟店全国総会を埼玉県大宮市で開催。

 創業者の黒須新治郎氏に代わり、近藤昭氏が社長に就任。

 断熱メーカーの子会社化、新FC「檜家住宅」を立ち上げなどの施策により3年後に売上高300億円を目指す。

続きは新建ハウジング4月20日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミュニケーション術

名前を活用したポエムや手紙がハートつなぐ

喜びと感動のコミュニケーションテクニック

 日菱企画(株)住宅産業塾(東京都港区)は、学生、社会人、ビジネスマン、住宅ビジネスマンの3段階にギアチェンジできる「住宅ビジネス新人研修2009」を4月6日から3日間開催、徹底指導を行った。

 2日目の「心のこもったツールづくり」の実習指導を取材した。

続きは新建ハウジング4月20日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職人力をどう高めるか

「大工の家づくり」再生に向け横の連携を

「大工の家」ルール共有で生産性向上

綾部工務店

 全国的に住宅需要が落ち込むなか、これまで時代の波に乗って成長した中堅の住宅会社が次々と倒産に追い込まれている。

 一方で、素材にこだわり大工の技能を磨いてきた小規模の工務店が不況に動じず安定した受注を確保している。

 大工職人を中心とする地域工務店のひとつ、綾部工務店の綾部孝司さんに大工工務店の現状とこれからの展望をうかがった。

続きは新建ハウジング4月20日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術

勇気を失うな!
日本は再生できる


日本には宝の山がある

 新眞木塾(東京都新宿区)は2月、前財務省主税局長・大武健一郎氏を招いて「ものづくり日本とアメリカ経済の影響」と題する講演を開催。

 「高い感性に裏打ちされた技術力が日本再生のキーとなる」という。

続きは新建ハウジング4月20日号・11面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

標準化を考える

コストダウンと品質向上を両立し
スタイルをつくる


今こそ標準化が必要だ

 本紙は今こそ標準化が必要だと考える。

 標準化こそがコストダウンと品質向上を両立する解だ。

 また標準化の徹底が自社ならではの「スタイル」をつくり、それはブランドへと昇華していく。

 今号では標準化を進めている工務店事例、さらにその先にあるプロダクト化事例を紹介する。

続きは新建ハウジング4月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場の職人力をどう高めるか

「技術継承もう後がない」

「信州職人学校・伝統大工コース」を創設

長野県建設労連

 建築関連の個人事業主や職人から成る長野県建設労働組合連合会(長野県松本市)は今年度、伝統的な建築技術の継承に向けて「信州職人学校・伝統大工コース」を創設。

 6月から講習をスタートするとして、第一期生の募集を開始した。

続きは新建ハウジング4月10日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再考 健康住宅

まだ潜んでいる健康リスク

カナダは鉛害重視
米国は喘息患者増加


 「健康維持増進住宅研究委員会・コンソーシアム」(委員長:村上周三建築研究所理事長)は、「住宅と健康に関する先端研究の動向と居住者の意識・満足度」をテーマに第3回「健康維持増進住宅シンポジウム」(主催:(財)建築環境・省エネルギー機構)を3月26日、建築会館(東京・三田)にて開催。

 ポイントを抜粋した。

続きは新建ハウジング4月10日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばろう!工務店

「助け合い」で得意分野の知恵生かす

S造5階の店舗住宅を工務店3社JVで

住佳創建

 住佳創建(東京都江戸川区)はこのほど、東京・江戸川区でS造5階延べ約180坪の店舗兼住宅を竣工した。

 小さな工務店が力を結集して建てたもの。

 「多くの人の力と材料の力に助けられた」と社長の安西諒さんは話す。

続きは新建ハウジング4月10日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工務店の多角化経営事例

「壁面」に特化した新事業に挑戦

輸入壁紙・壁面緑化技術を全国展開

村上工務店

 昨年、創業60周年を迎えた村上工務店(兵庫県神戸市)。

 3つのキーワードとして「古いものを大切に」「パートナーシップを築く」と共に「新しいものへの挑戦」を掲げ、建設業・不動産業に加えスウェーデン壁紙のネット販売や輸入建材販売事業にも取り組む。

続きは新建ハウジング4月10日号・11面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい木造市場の創出へ

板倉壁を改良した
「ささら板壁構法」


「雇い実継ぎ」「ささら加工」で壁倍率3.8

[富士環境システム・婦負森林組合]

 富士環境システム(東京都千代田区)と婦負森林組合(富山県富山市)は、板倉構法を独自改良した「ささら板壁構法」を開発、供給を始めた。

 柱間に厚板を土台から桁まで水平に積み上げて耐力壁にするもの。

 従来の板倉構法に大工や指物の伝統技法を取り入れて独自に改良した。

 前田さんは「伝統工法を取り戻すことで、若い世帯も手ごろに家が手に入り、現場の大工に笑顔が戻り、地元の林業が活性化する」という。

続きは新建ハウジング3月30日号・2面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい木造市場の創出へ

土壁に代わる耐力壁を余剰材で再現

地域材を灰まで使い切るしくみを確立

[稗田綜合建築事務所・さんむフォレスト・有限責任組合木と土の家]

 稗田綜合建築設計事務所(千葉県東金市)は「さんむフォレスト」「木と土の家」とともに、スギ丸太の余剰材を活用した耐力壁を開発した。

 地元・山武杉を使った伝統的な家づくりは、軸組みと土壁のバランスで持たせる。

 素材・職人・工期の問題から土壁が難しくなるなか、これに代用できる耐力壁を実現した。

続きは新建ハウジング3月30日号・3面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防蟻対策編

アメリカカンザイシロアリ被害に不安感
家全体への対策に問い合わせ増える

[エコパウダー]

配管と土間コンクリートの隙間埋める
[セーレン]

 得意な生態を持つ「アメリカカンザイシロアリ」の被害がテレビ報道などにより注目を集めたことで、防蟻対策に対する住まい手の関心が高まっているという。

 薬剤メーカーへの問い合わせも増加傾向。

 今回は地下シロアリも含め、有効な防蟻処理の施工や提案に力を入れる2社を紹介する。

続きは新建ハウジング3月30日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場を拓く開発者の思い

羊毛が持つ性能を住空間に生かし切りたい

「湿度」「におい」「音」
心地よさの追求多面的に
用途展開の可能性広がる


 日本の住宅における自然系断熱材のシェアは1割に満たない。

 けっして多いとはいえないが、そこにはまだ未開発の用途が眠っている。

 素材の可能性を掘り起こし、新しい市場の創出に力を入れるのは羊毛断熱材メーカーのコスモプロジェクト(本社:福岡県柳川市)。

 坂本哲也社長に羊毛断熱材開発の経緯と今後の展開を聞いた。

続きは新建ハウジング3月30日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09年公示地価

3年ぶりに下落

住宅地はマイナス3・2%

 国土交通省は3月23日、2009年1月1日現在の公示地価を発表した。

 08年1月1日以降の1年間の地価動向は全国平均で全用途マイナス3・5%だった。

 住宅地がマイナス3・2%、商業地がマイナス4・7%と、いずれも3年ぶりに下落に転じた。

 すべての都道府県でマイナスとなり、山梨県と香川県を除く45都道府県で下落幅が拡大した。とくに大都市圏での下落が顕著だった。

続きは新建ハウジング3月30日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。