2006年10月06日

地域工務店の価値を考える[事例編]

材木のプロの目利きと
丹念な職人仕事に評価


鎌倉材木店
鎌倉良収さんに聞く


 工務店事例とインタビューから地域工務店の存在価値を考える新シリーズ。

 事例編では会社の歴史をたどり、地域でなぜ必要とされてきたのか、その理由を浮き彫りにする。また同時に、地域で存在価値を高めていくための将来戦略も聞く。

 今回の事例は(株)鎌倉材木店(長野県長野市)。

続きは新建ハウジング10月10日号・9面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。