2006年04月19日

リノベーション

リノベーションが実現する
「自分スタイル」


「規模や間取りが合わない」
「不要な仕様が多すぎる」
画一住宅への違和感


居住形態の変化とローン商品の充実もあって需要増加
 
 既存のマンションやビル、戸建て住宅のリノベーションを手掛ける(株)アートアンドクラフトのもとにはさまざまな要望をもつ人々が訪れる。

 リノベーションの需要が増えている背景には、物件購入と改修の費用を併せて融資するローンなどローン商品の充実や、都市部を中心に進む居住形態の多様化がある。
 
 「子供がない夫婦2人の暮らし、仕事仲間との同居、年配の親子同居、結婚を選ばない一人暮らし、など居住形態は多様化しており、その変化のサイクルも早い」とスタッフのひとり・中村美保さんは話す。

続きは新建ハウジング4月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 新建ハウジングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。