2008年03月27日

新法新制度解説

瑕疵担保履行法
動き本格化


4月から保険法人指定

 住宅瑕疵担保履行法で保険を提供する保険法人の指定が4月1日から行われる。

 住宅保証機構を皮切りに、準備の整った法人から指定されていく見込みだ。

 今号では、住宅瑕疵担保履行法の基本を整理すると同時に最新情報を紹介する。

続きは新建ハウジング3月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政ニュース

セーフティネット保証
対象追加し拡充


30業種を対象業種に追加

 経済産業省は2月29日付で、基準法改正の影響など著しく業況が悪化している建築リフォーム工事業など30業種について、「セーフティネット保証」の対象業種を追加した。

 現行の指定業種についても3月31日までだった指定期間を6月30日まで延長する。

続きは新建ハウジング3月20日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建築・建材展2008

建築・建材展で見つけた
注目リフォーム製品


1 和紙の質感豊かな天井・壁材
2 薄さ0.3oのシート状床暖房


 建築資材・関連サービスの展示会「建築・建材展2008」(主催:日本経済新聞社)が3月4〜7日、東京ビッグサイトで開催された。

 制震ダンパーなど構造系の製品から瓦やタイル、木材などの資材、インテリア製品やCAD、販促ツールまで多種多様なブースが計698小間集結した。

 同時開催の店舗デザイン向け見本市「JAPAN SHOP」とあわせ累計15万4503人が来場した。

続きは新建ハウジング3月20日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

200年住宅

長期優良住宅の
インパクト


性能表示対応が
認定申請時の負担に


 長期優良住宅普及促進法案は住宅業界にどんな影響を与えるのか。

 住宅会社の視点から@性能表示対応AマーケティングB中古住宅流通―3つのインパクトをまとめてみた。

 とくに長期優良住宅の認定基準が性能表示ベースになることの影響は大きく、現状では性能表示の利用率が低いことから長期優良住宅普及の足かせにもなりかねない。

続きは新建ハウジング3月20日号・14面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

構造設計

木造2階建てでも
設計図作成は必須


プレカット会社に
先手攻勢うながす


 全国のプレカット会場向けに業務支援をおこなう(株)アルファフォーラム(東京都港区)は3月4日、「木造住宅の構造設計の未来」と題するセミナーを東京都内で開いた。

 4号特例見直しなどの法改正だけでなく、中古住宅流通促進の面からも、木造2階建て以下の住宅でも詳細設計図面の整備が重要性を増している。

 セミナーでは、会員のプレカット会社が顧客に対して実質的に構造設計図面を作成している現状から、今後建築士事務所に登録することで、正式に設計業務を担っていく戦略を確認。

 さらに今後は設備設計業務サービスを行う企業と連携を図り、構造と設備の設計を一括して請け負う体制の構築を提案し、会員の賛同を呼び掛けた。

続きは新建ハウジング3月20日号・18面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

200年住宅

「200年住宅」
7割が「欲しい」


2年以内に住宅取得する
予定の500人


 本紙では「200年住宅」(長期優良住宅)についてアンケート調査を実施。

 約7割の人が取得に意欲的なことがわかった。

 とくに家づくり期を迎えている30代で強い意欲が見られたことから、市場にとって有望なキーワードとなる可能性を秘める。

続きは新建ハウジング3月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が考える「いい家」

伝統技術・文化を
継承する家づくり


伝統構法の要は
竹篭のしなやかさ


 「いい家」とは何か―。

 家づくりに携わる人たちの、それぞれの思いを紹介していく。形こそ違うものの、つくり手が施主の要望に応えながら導き出した答え。

 多彩な家のひとつひとつが、どのような価値観によって生まれているのかを探る。

 今回は「第5回真の日本のすまい提案競技」で林野庁長官賞を受賞した寺澤秀忠さんの「伝統構法・二〇〇年住宅」にスポットをあてた。

続きは新建ハウジング3月10日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

200年住宅

動き出す
200年住宅


長期優良住宅普及促進法
法律のポイント


 自民党の「200年住宅ビジョン」をベースにした「長期優良住宅普及促進法案」が国会に提出された。

 このままいけば今国会を通過、その後法律として公布され、年内にも施行される可能性がある。

 本紙では今号からこの長期優良住宅普及促進法案の概要と影響について特集していく。

 まず法律のポイントと流れについて解説する。

続きは新建ハウジング3月10日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

200年住宅

先行事例 健康住宅センター

「俺たちの200年住宅」を
具体化しよう


第1号モデル着工へ
プロジェクト開始


 年間10〜15棟の新築を手がける(株)健康住宅センター(山梨県甲府市)らは近く、超長期使用に対応する住宅を山梨・甲斐市で着工する。

 世代を超えて住み続けられるつくり方―仕様や工法、デザインなどを現実の家づくりで具体化。

 いわゆる「200年住宅」のモデル第一号として発信し、世論の評価を獲得していきたい考えだ。

続きは新建ハウジング3月10日号・13面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断熱改修

築70年の民家を
断熱改修する


本物の素材・熊野の地松梁を現しに
モダン和風を楽しむ終の棲家


 思い入れの深い古民家の生活部分だけを断熱改修して、団塊世代の夫婦の暮らしを省エネ・快適空間にリフォームして、喜ばれているのは、(有)信和工務店(広島県尾道市)の堀本満弘社長。

 欄間へのはめ込みガラス、断熱材入りオリジナル襖など、プロの一工夫が生かされたO邸の事例を紹介する。

続きは新建ハウジング3月10日号・20面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

動き出す200年住宅

30年以上の維持保全
計画認定の条件に


「長期優良住宅普及
促進法案」国会へ


 住宅の長期利用を促す「長期優良住宅の普及の促進に関する法律案」が2月26日、閣議決定された。

 国が長期優良住宅を普及促進するための基本方針を策定・公表するよう定め、具体的な促進策として、耐久性や可変性、維持管理の容易さなどの条件を満たす「長期優良住宅」の建築・維持保全にかかわる計画認定制度を創設し、財政・金融面での優遇措置を講じていくことなどを盛り込んでいる。

 注目された「維持保全期間」は30年以上とされた。

 既存住宅も対象にしており、運用上、認定の更新も可能だ。

続きは新建ハウジング2月29日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域材木店

生き残りに動く
地域材木店


「高い」「使いにくい」の
意識を変えたい


 材木店がもつ「目利き」の力を生かすことで国産材活用につなげようと、東京都近郊の材木店が中心となって「適材適所の会」(東京都世田谷区)を発足、今年3月から本格始動する。

 「木材適正使用センター」を開設し、第三者の立場から一般消費者や・工務店・設計事務所に対して木に関する個別相談を実施。

 定期的に「木育セミナー」や各種イベントを開くほか、学校や企業向けに木に関する出張セミナーを行なっていく。

続きは新建ハウジング2月29日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資材・設備

資材・設備の高騰が
止まらない


原油、鋼材・金属価格
高騰の影響で


 住宅関連資材・設備の値上げが止まらない。

 接着剤、内装建材、システムキッチン、断熱材―。

 原油(燃料)価格、原材料価格の高騰が大きく影響している。

 特に鋼材・金属の価格上昇の影響が大きい。

続きは新建ハウジング2月29日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれ!!次世代経営者

大工としての
誇りある家づくり


サラリーマンから
大工に転身


 北海道・旭川で住宅を中心に建築業を手がける藤井工務店は、大工出身の藤井光雄さんが2003年に設立した。
 
 規模の拡大は追いかけず、1棟1棟その家族のための家をきっちりつくり上げることに専念する。

続きは新建ハウジング2月29日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコバウツアー視察記

軍事施設のリノベーションにみる
上質なライフスタイル


ボート・ホール/コペンハーゲン

 デンマークのコペンハーゲンで驚きの建物を見た。

 この建物は、1954年に鋼鉄・コンクリート造の建物として建設され、魚雷型ボートすなわち潜水艦の維持管理用として利用されていたものである。

 それが、67戸のロフト型高級アパートへと見事に変身を遂げていた。

続きは新建ハウジング2月29日号・11面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。