2007年09月19日

本紙独自調査

基準法改正に対する
消費者意識


消費者
厳格化には賛成

 
 6月20日の施行以降大きな混乱を引き起こしている改正基準法だが、消費者は確認・検査の厳格化をおおむね肯定的に捉えていることが本紙の独自調査でわかった。

 これは裏を返せば、消費者の間で業界に対する不信が根強いということだ。

 その一方で、コストアップに関しては否定的な意見が多かった。

続きは新建ハウジング9月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ



posted by editor at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主張[拡大版]

2009年までの
法制度ロードマップ


工務店は先を見越して
対策を立てよう


 6月20日の基準法改正は2009年まで続く耐震強度偽装事件がらみの法改正の序章に過ぎない。また住生活基本法がらみの長寿命・省エネ関連の法制度も整備されつつある。

 今回は「主張」欄を拡大、これらも含めた住宅関連法制度の2009年までのロードマップ(未来予想図)を考えてみた。

続きは新建ハウジング9月20日号・2面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工務店支援で目立つ女性の活躍

業者のペースは
「もうゴメン」


考えさせ
導いてあげるしくみを


 工務店の経営支援の場で、女性の活躍が目立っている。

 着眼はつくり手と住み手との間にある深い溝。工務店が提供しようとしているものと、消費者が求めていることとのギャップを埋めようとする試みが活発化している。

続きは新建ハウジング9月20日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティング[工務店事例]

商品力高め
年30棟ペースに


コスト・デザイン見直し
「普通の在来」から脱却

 
 岐阜県土岐市で大正時代から木材・製材業を営んできた和田製材(株)。8年前から本格的に木造住宅事業をスタートしたが、年20棟の壁にぶつかった。

 だが商品の見直しが功を奏し、年30棟の目標達成が見えてきた。同社の取り組みをマーケティング関連に絞ってまとめた。

続きは新建ハウジング9月20日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域工務店わが社の生き方

家を見る目を
育てる営業


「値切って困るのは
お客さんだよ」
歯に衣着せぬ言葉で説明


 家づくりをよく知ってほしい―。

 それが、顧客に対する小布施「夢の家(ゆめのや)」・(株)イマイ企画(長野県小布施町)の願い。

 良質な木の調達、生かす工夫、プランのアイデアなどさまざまなノウハウを結集し家はできる。

 「表面に惑わされず時間をかけて調べて」と、社長の今井昌毅さん。自社の「商品力」に誇りがありからだ。

続きは新建ハウジング9月20日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

基準法改正

基準法改正
「不手際」と「改悪」


強行スケジュールが
招いた混乱

 
 基準法改正の混乱は施行から3カ月弱経ったいまも収まらない。

 その影響で7月の新設住宅着工は前年同月比で23.4%の大幅減となった。

 混乱の背景にあるのは国土交通省の「不手際」だ。

 また現場からは今回の改正について「改悪」との声もあがっている。「不手際」「改悪」の視点で現状を整理した。

続きは新建ハウジング9月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境先進国スイスに学ぶエコ建築の最先端

スイスはエネルギー性能表示の
トップランナーだ


消費者の製品選択の目安に
家電・車にエネルギーラベル義務付け

 
 スイス在住の建築家・佐々木徳貢氏(BioArch -SASAKI建築事務所)に、スイスのエコ建築の最先端を寄稿していただく。

 今回は前段として、スイスそしてEUで普及しているエネルギーラベルについての解説。

続きは新建ハウジング9月10日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産材を考える

製材業者が都心で
「都産材」をアピール


消費者は納得
あとはつくり手次第


 東京の西部から都心に向かって流れる多摩川。

 その最大の支流、秋川上流にある都内唯一の製材業者15社でつくる秋川木材協同組合(東京都あきる野市)は8月23日〜10月30日までの約2カ月間、新宿の「リビングデザインセンターOZONE」で企画展示を開催している。

続きは新建ハウジング9月10日号・8面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産材を考える

小さなネットワークが
新しい流通をつくる


「流通拠点」が持つ
ストック機能生かす

 
 山には木があり、丸太は生産されている。しかし、県産の柱や梁はどこにもない。

 そんな矛盾を解消したいという思いから、新月の木で家をつくる会(山梨県南アルプス市)は生まれた。素材生産から製材加工、流通、設計施工まで、関連十数社が手を結んだのだ。

 新月伐採、葉枯らし、天然乾燥による木材を流通させるしくみが整いつつある。

続きは新建ハウジング9月10日号・9面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域工務店わが社の生き方

研究開発で価値を創造

「ユニーク技術」を
次々市場へ


 北辰住宅技研(株)(群馬県高崎市)はこのほど、ボルトの調節によって土台天端の水平精度を1o以下に確保できる基礎パッキンを開発した。

 「空気断熱」「耐震基礎」などユニークな部材・工法を次々に生み出す工務店。

 課題の営業力強化にも乗り出し、市場への貢献を果たそうと挑戦する。

続きは新建ハウジング9月10日号・13面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。