2007年08月29日

2008年度予算概算要求

「200年住宅」の
推進に新法


住宅の循環利用の促進
に関する法律(仮称)


 2008年度の予算編成に向け、各省庁は概算要求、税制改正要望をまとめた。

 国土交通省の住宅関連施策の目玉は「200年住宅」など住宅の長寿命化に向けた取り組み。

 モデル事業に対する補助や、新法の制定を視野に入れた住宅履歴の整備を盛り込んだ。

 新規制度を中心に、来年度以降の住宅施策の方向性を紹介する。

続きは新建ハウジング8月30日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ



posted by editor at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基準法改正

数値一辺倒の評価では
構造の信頼は高まらない


耐震強度は相対的な指標
何のためのチェックかを明確に


 改正建築基準法が施工されて以降、確認審査業務の停滞が続いている。混乱はまだ収まりそうにない。

 本紙ではつくり手の疑問や不満の声を引き続き拾っていくと同時に、今号から、構造設計の方向性や建築基準法のあり方に対する建築界からの意見を紹介していく。

続きは新建ハウジング8月30日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県中越沖地震

現地リポート
工務店がみた新潟県中越沖地震

今回も1階店舗住居が被災

伝統古民家でも
意匠優先で倒壊


 7月16日に起きた新潟県中越沖地震。

 愛知県安城市の工務店、(株)明城社長の榊原勝己さんは地震から5日後の7月21日、新潟県柏崎市および刈羽村を視察した。

 榊原さんから、被害を受けた建物の様子を紹介してもらった。

続きは新建ハウジング8月30日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代才彩

父の意思を道標に
成功への軌跡を自力で描いた
ビジネスウーマン


(株)大生建物
浅沼公子さん


 (株)大生建物(栃木県足利市)の会長・浅沼公子さんは、7月25日に前・植木専務取締役と社長交代をしたばかり。

 結婚以来、走って走って、いまも走っているその業績を華にたとえれば、牡丹の花だろうか・・・。
 
 女性として数少ない、しかも圧倒的大輪の事業成功者といえるだろう。
 
 その秘密は「栴檀(せんだん)の双葉」より父が子に授けた、英才教育に端を見ることができる。

続きは新建ハウジング8月30日号・9面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライムローン

サブプライムローン
問題とはなにか


非優良顧客向けローンの
焦げ付き急増

 
 世界同時株安の一因となった米国の「サブプライムローン」問題。

 実はこの問題、日本にとっても対岸の火事ではない。2回に分けて解説する。

続きは新建ハウジング8月30日号・15面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

省エネ

支持集める
「省エネ」


エコにまつわる住宅の呼称で
好感の持てる住宅トップ3

1位 省エネ住宅
2位 エコハウス
3位 環境共生住宅

 
 「省エネ」「エコ」「環境」。この3つのキーワードが、住宅分野でも消費者にとって身近となってきていることが本紙の独自調査でわかった。

 特に注文住宅を希望する人は、環境に対する意識が高い。潜在的には「ロハス」を志向する傾向にあり、環境を意識した市場の有望性があらためて確認された。

続きは新建ハウジング8月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティング

ホームページも
「戦略」ありき


経営者自身が
「向き合う」必要


あなたの会社のホームページは
なぜ受注につながらないのか


 新建ハウジングプラス1・8月号までホームページ戦略について連載をいただいた上田かおり氏((有)ゴデスクリエイトウェブプロデューサー)の特別寄稿。

 テーマは「あなたの会社のホームページはなぜ受注につながらないのか」。心当たりのある経営者はここからカイゼンのヒントを探ってほしい。

続きは新建ハウジング8月20日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事例探訪

充填+外張りで
効率的に断熱


外張りは
ロックウールを
ブランケット施工で


 東京・杉並で、充填断熱と外張り断熱を組み合わせた「ハイブリッド断熱」による、「パッシブハウス」の建設が進んでいる。

 設計は高気密健康住宅研究所(東京都小平市)の鵜野日出男氏、施工はマイスターハウス(群馬県高崎市)。

 「充填断熱と外張り断熱を合わせることで、高い断熱性能を効率的に得ることができた」(鵜野氏)といい、結果Q値0.904W/uKを得た。

続きは新建ハウジング8月20日号・12面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シックハウス対策最前線

個別対応に向け
モデルハウス開設


「体験ルーム」と
「チェックシート」で
傾向把握


 ログハウスなどを手がける(株)マウンテンホームズ(兵庫県尼崎市)は7月中旬、シックハウス症候群と軽度の化学物質過敏症に対応するモデルハウスを開設した。

 アレルギー体質に悩む住み手に複数の空気環境を体感してもらい、個別の傾向をつかんで最適と思われる材料を提案するもの。

 パハロカンパーナ自然住宅研究所(京都府京都市)が監修する。

続きは新建ハウジング8月20日号・13面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国産材」その原点の魅力

施主を魅了する
木と土、古い建具の家


出所のわかる
杉材で家づくり


 「素性のわかる地元の木で家づくりをしたい」という住み手の願いをかなえたのは(株)石川木材(静岡県藤枝市)。

 施主のOさんは、自分たちで伐採した大黒柱を前に、「両親から、いまどきよくこういう家づくりをかなえたね」と評価されといい、満足感を深めている様子。

続きは新建ハウジング8月20日号・14面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

「CASBEEすまい(戸建)」

「環境にやさしい家」を
アピールできるツールが登場

「CASBEEすまい(戸建)」

 建築物の環境性能を評価する手法として注目されている「CASBEE」(キャスビー)。その戸建て版が9月から本格的なスタートを前に、最終的な調整段階に入った。

 国も温暖化対策の一環としてこの戸建て版CASBEEの活用について言及しており、工務店にとっても注目のツールとなりそうだ。

続きは新建ハウジング8月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基準法改正

現場で噴出する
疑問と不満

 
 基準法の改正から1カ月あまり。いまだに現場では混乱が続く。

 また申請時に求められる内容が明らかになるにつれて、つくり手の疑問・不満が噴出している。ここではそんな声を拾った。

続きは新建ハウジング8月10日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県中越沖地震

新潟県中越沖地震被害から
学ぶこと


次なる地震に備え
改修早急に


山辺豊彦構造設計事務所
山辺豊彦代表に聞く


 つくり手として新潟県中越沖地震から何を学ぶべきか。

 鉄骨造・RC造の構造設計のかたわら伝統木構造の評価・改良も手掛ける山辺豊彦氏に話を聞いた。

続きは新建ハウジング8月10日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産材を考える

まだ高い外材依存度

横架材は9割が外材
管柱・土台でも5割

 
 (社)日本木造住宅産業協会(木住協)は、会員企業に対し国産材の利用状況の調査を行い、結果をまとめた。

 国産材の使用率が高い部位では「乾燥化」や「集成化」が進んでおり、使用率が低い部位では外国産の集成材・乾燥材が高い割合を占めているなど、品質・性能の充実が使用率に影響を与えていることがうかがえる結果となった。

続きは新建ハウジング8月10日号・12面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年夏の特別企画

がんばれ
地場工務店


工務店の原点を
考える


 工務店が守るべき、こだわるべき原点―。

 今年の「がんばれ地場工務店」特集では、8つの事例を通じて工務店の原点を考えてみたい。

 工務店の生き方が多様化し、工務店とひとくくりに呼ぶことすら難しくなっているなかで、原点もそれぞれに違っていて当然だ。

 だが今回の特集では、8社の事例とはいえ、いくつかの「型」は示せたように思う。その「型」はどんなタイプの工務店にも参考になるはずだし、また自社にぴたりとはまる「型」もあるだろう。

 この機会にぜひ自社の原点を再確認してみてほしい。

続きは新建ハウジング8月10日特集号で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。