2007年07月27日

リノベーション

古さも残し
「ガラッ」と変える


自社ビルに
ショールームを開設


 丸山建設(株)(広島県広島市)は、企画会社のオフィスアクア(広島県広島市)と提携。

 古い建物の用途や機能を「ガラッ」と変え、利用価値を高めるリノベーション事業をスタートした。

 公共工事が激減、民間工事も競争が激しくなるなか、新たなビジネス創出と顧客掘り起こしをねらう。

続きは新建ハウジング7月30日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県中越沖地震

耐震設計されず
「構造的な弱点」


長周期の地震波
軟弱地盤も影響も

 
 7月16日に発生した新潟県中越沖地震によって、1000件近い住宅が全壊した。

 半壊・一部損壊をあわせると被害は1万件を超える(全壊961件・半壊838件、一部損壊9411件、24日時点)。

 これらはいずれも柏崎市内に集中。壁量が足りない建物など、耐震構造的な弱点を狙い撃ちにした。

 長周期の地震波や地盤の悪さが、被害を大きくした可能性もある。

続きは新建ハウジング7月30日号・2面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:32| Comment(0) | TrackBack(11) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代才彩

病を得た夫に代わり、
経営一切合財を
引き受け維持した元専業主婦


工務店経営者の妻たち

 建材販売業をしていた夫の病を機に、社長業を引き受けざるを得なかったのは高橋雅子さん。

 もとは専業主婦で、社長業をこなすなど夢にも思わなかったとか。バブルがはじけて経営は背水の陣。それを持ち前の前向き志向で乗り切り、いまでは奥様から外様に大変身。

続きは新建ハウジング7月30日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ネットワーク本部に聞く

今後の住宅市場は
どうなる?

+自社の対応

 7月30日号の付録「ビルダーサポート」(住宅ネットワーク特集)の発刊に合わせて、本紙では住宅ネットワーク本部にアンケートを実施。

 その内容を同誌に掲載した。ここではそこに掲載しきれなかったアンケート結果の中から、本部に今後の市場予測と自社の対応を聞いた部分を抜粋してまとめた。

 各ネットワークの概要については「ビルダーサポート」を参照して欲しい。(編集部で文章を一部編集。文責:編集部)

※アンケートは6月−7月、新潟県中越沖地震の発生前に実施

続きは新建ハウジング7月30日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基準法改正現場の声と状況

建築行政担当者が
疑問に思ったポイントまとめ


基準法改正
現場の声と状況

 
 (財)建築行政情報センターは、改正基準法の内容を建築行政担当者向けに解説した「改正建築基準法に基づく確認審査等に関する研修会」((財)建築行政情報センター)や「平成19 年6月20日施行改正建築基準法・建築士法及び関係政省令等の解説」((財)日本建築防災協会、(財)日本建築センター)などに対し寄せられた質疑について、国土交通省と協議しながら、専門のWG(ワーキンググループ)で回答を作成、ホームページ上で7月18日から公開を始めた。

 今回はその中から、木造住宅にも関わりがある項目を取り上げ、紹介する(公開データを抜粋)。

続きは新建ハウジング7月30日号・9面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

新潟県中越沖地震

日本海側でまた
「震度6強」


古い土蔵が軒並み倒壊

 7月16日午前10時13分ごろ、新潟県中越沖を震源とする強い地震が発生。新潟県柏崎市・長岡市・刈羽村、長野県飯綱町で震度6強を観測した。

 倒壊した家屋の下敷きになり、18日時点で9人が死亡。けが人も1000人を超えた。住宅被害も18日時点で全壊342、半壊109、一部損壊986にのぼる。

続きは新建ハウジング7月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本紙独自調査

表示してほしい性能トップ3は
「耐震」「省エネ」「防犯」


注文住宅希望者は性能を重視する

 注文住宅希望者は性能を重視する―。住宅提案では、ライフスタイル提案など、ソフト面での提案が重視される傾向にあるが、注文住宅希望者は、分譲住宅購入者と比較して、性能重視する傾向が強いことが弊紙の調査でわかった。

 また、「耐震性」「省エネ性」「防犯性」など住宅性能の表示に対するニーズも高く、今後、市場の二極化が進むなかで、こだわりを持つ注文住宅希望者に対して、うまく性能を示す方法を確立することが重要になりそうだ。

続きは新建ハウジング7月20日号・2面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 12:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客事例

人に依存しすぎない
営業にシフト


ホームページ、DVDなど
ツール駆使

 
 人材育成はリフォーム業界の永遠の課題―。

 首都圏を中心にリフォーム業を展開する潟_イチ(東京都台東区)の久原誠取締役営業本部長はリフォーム会社の成長が止まる原因を人材が根付かないことと分析する。

 そのため、同社では約1年半かけて、人間に依存しすぎないツールを活用した営業方法を構築。このたびそのノウハウの外販も始めた。

続きは新建ハウジング7月20日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具から始まる家づくり

自分らしい
ライフスタイルの発見とは


家具ショップが
「自分発見」の場に

 
 「住宅会社は私たちの願いをわかってくれない」。そんな不満を持った多くの住み手が、家具ショップの門を叩くという。

 だが、住み手の願いとはそもそも何なのか。求めるライフスタイルとは−。
 
 江戸指物の技術を受け継ぎ、前田木藝工房(長野県松本市)を営む前田純一さんに聞いた。3回シリーズで紹介する。
[9〜11面に「家具から始まる家づくり」掲載]

続きは新建ハウジング7月20日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅省エネ対策

遮熱材の効果

体感温度の大半占める
輻射熱を制御


 住宅の省エネ部材として、断熱材と並び関心を集めるようになった遮熱材。

 住宅における遮熱材のしくみとその効果的な使い方について、アメリカから輸入する遮熱材「リフレクティックス」の日本国内での推進をはかる有限責任中間法人・環境マテリアル推進協議会(東京都千代田区)の佐藤武四理事長に聞いた。

続きは新建ハウジング7月20日号・16面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

迫る京都議定書の約束期間

増え続けるCO2をどう減らす!?

次世代省エネ基準の普及が
生活変化に追いつかない


 温暖化防止が待ったなしの状況になっている。

 今年は、京都議定書の約束期間2008年〜2012年の開始前年だが、CO2などの温室効果ガスの削減はなかなか進まない。先日公表された統計によれば、05年度で基準年(90年)比7・8%増加している状況だ。

 こうしたことから現在、国では京都議定書の目標達成計画の大幅な見直しを進めている。なかでも家庭部門は、増加傾向が著しく、さらなる省エネに向け、取り組みが強化されそうだ。

続きは新建ハウジング7月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「省エネ」の技術

「美しさ」を大切にした
木製断熱玄関ドア


クローザーや隠し蝶番に
こだわりの独自技術


 「美しい素材しかさわりたくない。美しいものが好きなんだわ」と、玄関ドアに対するこだわりを語るのはシー・ティ・エス(株)(富山県富山市)の朝日毅社長。

 無垢材による断熱玄関ドアや木製サッシの愛称「ビッグボーイ」で親しまれ、妥協のないものづくりには定評がある。

続きは新建ハウジング7月10日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「省エネ」の仕掛け人たち

Q値コンマ以下の
住宅普及へ


基準設けて
性能を認証・PR

 
 次世代省エネルギー基準を満たす住宅は新築でも20%以下。この現状を打開し、高性能住宅の市場を広げようとする活動が各地で起こっている。

 今回紹介するのは、岩手・盛岡発のDot(ドット)プロジェクト(座長:佐々木隆岩手県立大学教授)。Q値をコンマ以下に抑えた住宅の普及を目指し活動する。

続きは新建ハウジング7月10日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土壁・板壁がつくる室内環境

土壁が保つ
安定した温湿度空間


板倉+土壁の
ハイブリッド工法に挑戦


 (株)明城(愛知県安城市)は6月15日、本社近くに建築した実験棟3棟での1年間にわたる室内環境測定の結果を公開した。 

 名古屋大学・静岡大学と連携し、温熱環境測定と有機化学物質(VOC)放散測定を行ってきたもの。

 土壁の安定した温熱環境が実証されたほか、高温湿度の室内で、厚労省指針値を上回るホルムアルデヒドが放散される例も確認された。

続きは新建ハウジング7月10日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基準法改正

現場の声と状況

6月20日に
建築基準法改正が施行


 6月20日に建築基準法改正が施行。前日の申請窓口は、審査中の物件の訂正や駆け込み申請で訪れた人で混雑した。

 が、その後は一転して申請件数が減ったという声も一部で聞かれる。今後の見方を拾った。

続きは新建ハウジング7月10日号・13面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。