2007年06月28日

200年住宅ビジョン

住宅の長期利用へ
「家歴書」整備


義務化の可能性も
自民「200年住宅ビジョン」で急浮上


 自民党の住宅土地調査会(福田康夫会長)は5月末、耐久性が高く数世代にわたって利用できる超長期住宅の普及促進を目指す「200年住宅ビジョン」を策定した。

 技術的なガイドラインの策定だけでなく、住宅ローンの多様化、税制改正にも踏み込んだ提言を盛り込んでいる。

 なかでも、長期使用のインフラとして注目されているのが邸別に住宅に関する情報を集めた「家歴書(かれきしょ)」だ。

 自民党が具体的なビジョンとしてまとめたことで、政策として位置づけられたことになる。

続きは新建ハウジング6月30日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな工務店わが社の戦略

休眠状態の
ホームページを活性化


集客の労力を
プレゼンにまわし
満足度向上

 
 総合リフォーム業を営む(株)アールズ建築設計工房(岐阜県岐阜市)は、折り込みチラシを極力さけ、インターネットによる集客に移行した。

 その結果、受注単価が上昇、チラシ作成に費やしていた労力をプラン作成にまわすことができ、顧客満足度も上がったという。

続きは新建ハウジング6月30日号・3面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営者たち我が道・この道

「適正価格宣言」掲げ
供給日本一目指す


「普通の家」をつくる
つくり手の活性化をはかりたい

 
 2006年度2月期の決算で売上200億円を達成したアキュラホーム(宮沢俊哉社長)は、本社を埼玉県から東京・新宿に移し、新たなステージを目指す。

 07年度は主宰する工務店のネットワーク、「ジャーブネット」の活動を強化する。

 3年後に2万棟1000社目標を掲げ「つくり手が表舞台に立つ住宅文化の復興」を目指す。

続きは新建ハウジング6月30日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術のキホン[断熱・気密編]

基礎断熱の特性を
理解しトラブルを防ぐ


基礎断熱の考え方は
「床下を熱湿気的に
あいまいな空間にしない」こと


 次世代省エネルギー基準以降、基礎断熱工法が全国的に広く普及してきました。

 しかし、どんな技術も、特性に応じた配慮が欠けるとメリットが伝わらない。

 湿度が高くなるこれからの時期には注意が必要なことから、今回、岩手県立大学准教授の本間義規さんに基礎断熱工法の特性と留意点をお聞きして整理しました(編集部)。

続きは新建ハウジング6月30日号・8・9面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木質ラーメン構法

関心高まる
木質ラーメン構法


評価・設計の方法はまだ過渡期
設計者の「技術的な検討」が必要に

 
 京都大学生存圏研究所は6月20日、京都市の同大学内で「木質ラーメン構法の現状と課題」と題するシンポジウムを開催した。

 参加は建築・木材関係者や研究者を中心に200人。当初130人ほどと見込んでいた定員を大幅に上まわり、木質ラーメン構法に対する関心の高さをうかがわせた。

続きは新建ハウジング6月30日号・15面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ポスト団塊ジュニア世代

「ポスト団塊ジュニア世代」
をつかめ


団塊ジュニア需要の
あとはどうなる?

 
 住宅市場を支えているのは30代、特に団塊ジュニア世代(現在33歳−36歳)だ。

 だが、団塊ジュニアの次の世代「ポスト団塊ジュニア世代」も動き始めている。

 そこで彼らが一体どのような住まい観を持っているのかをざっくりとでもつかむべく、不動産情報ポータル「HOME‘S」を運営するネクスト(株)(東京都中央区)との共同調査でグループインタビューを行った。

続きは新建ハウジング6月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームページ集客最前線

伝えよう!!
地域工務店の家


ネット展示場共有し
動画でアピール

 
 自社の家づくりを伝える術を、多くの地域工務店が持てないでいる。地元の顧客さえ、大手に流れてしまう現状−。

 そこに一石を投じようと立ち上がったのが大幸住宅(株)(岐阜県各務原市)だ。

 インターネット上に動画の展示場を開設、エリア内の同業者にも開放している。

続きは新建ハウジング6月20日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライフスタイル

インテリアライフスタイル展で見た
インテリア製品のトレンド


「木質」「モダン」がキーワード
 
 インテリアライフスタイル展(主催:メサゴ・メッセフランクフルト梶jは6月6日〜8日、東京・ビッグサイトで開催された。

 毎年、日本をはじめ世界各国の最新のインテリア関連製品を集めて開催されるこの総合見本市は、出展製品も家具から家電、キッチンツール、ファブリック(布類)まで幅広く、出展社数も600社を数える。

 国内外のインテリア界のトレンドを知るうえで重要な場所だ。

続きは新建ハウジング6月20日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコマーケティング

省エネ生活サポートで
顧客満足向上

 
太陽光発電システムシンポジウム

 京都議定書の目標達成に向けた施策の柱の一つが、自然エネルギーの活用だ。

 なかでも太陽光発電は、ほかの自然エネルギーに比べて認知度が高く、普及が期待される技術の一つとして挙げられている。

続きは新建ハウジング6月20日号・11面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな工務店わが社の戦略

夫婦2人「家が大き過ぎる」
の声高まる


間取り変更+耐震・断熱補強に強み

 子どもが独立した後の夫婦2人の生活−。「いま住んでいる家では広すぎる」という住み手が増えている。

 生活が急変する団塊世代を中心に、「減築リフォーム」や「平屋商品」の需要が広がりそうだ。

 こうした市場へののぞみ方はさまざまだが、(有)杉野建築店(長野県松本市)は間取りの変更とともに建物の耐震・断熱を高め、心地よく住んでもらおうと取り組んでいる。

続きは新建ハウジング6月20日号・13面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

改正建築基準法

バタバタ改正

確認検査が
大きく変わる

 
 6月20日に施行が迫った改正建築基準法・建築士法。だが、肝心の法令の整備が遅れ、6月6日現在でも出そろっていない。

 周知徹底が進んでいないことも重なり、6月20日以降混乱が生じることも予想される。1面では、現時点の情報をもとに、改正のポイントを、確認申請の手続きに絞って整理した。

続きは新建ハウジング6月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 18:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝統的な構法の強さを確かめる

建築中の
架構体で加力実験


「通し貫」「力木」の
効果をデータ化

 
 伝統木構造の会(東京都渋谷区)は5月20日、長野・塩尻市内で伝統的な建物の耐力実験を実施。工務店や設計事務所の関係者ら約80人が参加した。

 同会信州事務局を務める(有)三浦創建(長野県塩尻市)の三浦保男社長が、建築中の建物を試験体として提供。工学院大学宮澤研究室の協力を得て、伝統構法を応用した技術の効果を確かめた。

続きは新建ハウジング6月10日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京大工の技を学ぶ

数寄屋技術の実践教育で
伝統建築の修復進める


安井清さん主宰
「清塾」

 
 京都の工匠・安井清さん(85)が主宰する「清塾」。

 全国の大工・職人が、日本の伝統建築に秘められた大工や職人たちの高い技術と蓄積された英知を学びながら民家や書院の修復、造園・茶屋の建設に取り組み、活動の輪を広げている。

続きは新建ハウジング6月10日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 18:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場を拓く 製品開発File

足でも開けられる
UD(ユニバーサルデザイン)引戸


グッドデザイン賞を受賞

 バリアフリーリフォームなどを手がけるサティスファクション(株)(東京都世田谷区)は、ユニバーサルデザインの引戸「シニアス/00」を開発。

 昨年、商品デザイン部門・住宅設備でグッドデザイン賞を受賞した。

続きは新建ハウジング6月10日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新工法エクスプレス

プレカット+パネル
「シーウッド」

 
 大手ハウスメーカーや競合に打ち勝てるような武器がほしい―。

 そんな思いから小屋組にトラス工法を採用した合理化・省エネ住宅工法「SeaWood(シーウッド)」を開発した北新建設梶i滋賀県栗東市)。このほど部材・技術供給をスタートした。同工法の特徴を紹介する。

続きは新建ハウジング6月10日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。