2007年05月28日

いま売れる建売

いま売れる建売

「場所の履歴」と「住み手の志向」
に導かれたコミュニティ

 
 テーマ性を持ったミニタウン―例えば建売分譲だ。そこに求められるのは、これまでにない暮らしの喜び、あるいは豊かさ。新しい開発は、新しい生活の提案そのものといって過言ではない。

 町と住み手に対する有用性、技術やアイデアの創造性、事前調査にもとづくニーズの裏付け―。

 それらを十分検討し、企画・設計に落とし込む力が問われている。オイカ創造所(有)(東京都渋谷区)の取り組みを紹介したい。

続きは新建ハウジング5月30日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ


posted by editor at 16:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定住宅瑕疵担保責任履行確保法

変わる建築関連法制

消費者意識は
前倒しも

 
 特定住宅瑕疵担保責任履行法が5月24日、成立した。

 これにより、一連の耐震偽装再発防止に向けた法整備が完了した。国土交通省は今後詳細を詰めながら、2009年の秋頃をめどに施行する予定だ。

 また、直近では6月20日から改正建築基準法によるピアチェックや中間検査の義務化(3階建て以上の共同住宅など)が始まるなど、今後2年ほどの間に住宅建築に関する制度が大きく変わっていく。

続きは新建ハウジング5月30日号・2面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな工務店わが社の戦略

年1棟が
3年で20棟に


コストダウンと標準化が寄与
 
 三重県伊賀市の工務店・森大建地産は、森貴義さんが35年前に創業した、純和風の在来木造を得意とする工務店。

 5年前に息子の秀樹さんが経営に参加。以降、年1棟程度だった新築受注が年20棟ペースにまで成長。昨年6月には住宅プロデュースの別会社も立ち上げるまでになった。

続きは新建ハウジング5月30日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千代才彩

新潟出身の幼馴染が、
支えあって築いた
職人人生30年


工務店経営者の妻たち

 和裁の教員免許を持ち、結婚前は柳橋の芸者さんや大手デパートの呉服注文を鯨尺片手に縫っていた石川きよ子さんは、糾ロ喜石川工務店(東京都江東区)石川喜三郎社長の夫人。

 木場界隈の下町で、家業に精出す職人気質の社長にとって、頼れるおかみさんだ。

続きは新建ハウジング5月30日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 16:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本紙独自調査

団塊世代の
住宅ニーズ


一番家にほしいのは「日照」
 
 「住むこと」に関わる支出意向の高い団塊世代が、具体的にどのようなキーワードに関心があるのかを聞いたところ、機能面では「日照」「通風」「耐震性」など基本的な性能に対する関心が高いことがわかった。

 また、女性のほうが住宅に対する要望が多く、項目によって男女で大きな差もあった。

続きは新建ハウジング5月30日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 16:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

本紙独自調査

17%が5年以内に
注文住宅


住環境にお金を使う
団塊世代


 団塊世代の退職が始まった。この変化は住宅産業にとって機会となるのか。

 内閣府が2005年に行った調査では、団塊世代の約3割が住居修繕などに対する支出を考えていた。

 本紙でも、今後5年以内に住居修繕などにお金を使う予定のある団塊世代の具体的な動向を、インターネットを使ったアンケートで調査した。その結果、修繕リフォームが5割を占めながらも、注文住宅建設を考えている人が約17%にのぼった。

続きは新建ハウジング5月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEB活用のヒント

急増する
「団塊向けサイト


工務店も広告
対象に検討を


 インターネットが販路の一つとなり、対象を絞り込んだバナー広告配信が注目を集めている。

 特に、これからの住宅関連市場のボリュームゾーンとなる団塊の世代を対象としたWEBサイトが広告媒体としても大きな注目を集めている。地域密着型媒体も多数現れている。

続きは新建ハウジング5月20日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域工務店わが社の生き方

不動産流通への
対応で伸ばす


5年間、成長率
毎年20%の業績

 
 毎日更新するホームページ(HP)の不動産情報と新築工事情報。そこには文字情報がぎっしり。

 「これを読みこなせるひとが、うちの顧客」ととらえ、HPを窓口にした独自の営業を成功させているのは、アールイーコム梶i兵庫県加古川市)の田中勇一社長。

 現在、「売り上げの90%はHPからのアクセス者が占める」という。

続きは新建ハウジング5月20日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 10:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安全で長持ちする家のために

工務店が自分でできる
ホウ酸塩防蟻処理


安価で安全な
健康・環境配慮への道

 
 安全性と環境指向、蟻害事故率の低さから、国際的(※)に利用が加速しているホウ酸塩処理。かたや日本では、5年ごとの処理を前提とする合成殺虫剤の使用が主流だ。

 しかし、人体の影響や5年ごとの内部点検・処理の実行性に疑問や議論の余地が残っているのも事実。

 内外木材保存剤の現状に詳しい泣{ロンテクノロジー(東京都日野市)の荒川民雄代表取締役(理学博士)の寄稿から、木材のホウ酸塩処理について考察する。※ハワイ、ニュージーランド、米国、カナダ、ヨーロッパなど

続きは新建ハウジング5月20日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変えよう!ニッポンの家づくり

「バウビオロギー」からみた
現代住宅の課題


自然を規範とする
住まいづくりを


 第二次世界大戦で日本と同様、焼け野原となったドイツ。

 戦後急速な経済成長を遂げ、都市部をプレハブ住居が埋め尽くすなかで、これらの建築に多用された化学合成材料が原因と思われる健康被害が頻発。

 これをきっかけに1960年代後半、人間にとって本来の住まいのあり方を探る「バウビオロギー」(建築生物学)という学問分野が産声をあげた。

 この学問が世界に広まりつつある。2006年10月には初めての国際会議が開かれた。

 同会議に日本を代表して出席した石川恒夫・前橋工科大学大学院准教授に、バウビオロギーの視点からみた今後日本の住宅が進むべき方向性について聞いた。

続きは新建ハウジング5月20日号・8面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

違反行為は命取りに

違反行為は命取りに

建築士処分基準を
厳格化
6月20日から
 
 
 6月20日の改正基準法などの施行にあわせて1級建築士の懲戒処分基準が見直された。

 違反設計については、「建築物の倒壊・破損、人の生命・身体への危害の発生に繋がるおそれのある技術基準規定違反の設計等」という項目を設け、より処分を厳しくした。

 また刑事訴追など社会的影響が大きい場合などの「行為の社会的影響」を処分の加重事由に加えるなど、処分の厳格化を図った。

続きは新建ハウジング5月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品質向上を目指して

サッシ・バルコニー・換気口まわりの
防水対策


品質向上を目指して
建材から見直す


 新建ハウジングでは今後家づくりにおける「品質向上」について様々な角度から見直していく。

 ここではその観点から、フクビ化学工業梶i本社:福井県福井市)が開発したサッシ・バルコニー・換気口まわりの防水部材「ウェザータイトシリーズ」を紹介する。

 4年前の発売以来リピーターが急増、簡単施工・低コストながら雨漏り対策が確実に行えることから、同社の売れ筋商品となっている。

続きは新建ハウジング5月10日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震補強を支援する新製品・新サービス

ベンチャー発の制震ダンパー
売れ行き好調


共振しない
「鈍感な家」

 
 耐震金物の販売などを行う泣Iーバル(大阪府大阪市)は昨年10月、制震装置「ITダンパー」を開発した。

 発売から半年で、すでに130棟を超える納入実績。新築を中心に販売を伸ばしている。

 今後は既存住宅の耐震補強向け需要も掘り起こしていく考えで、初年度500棟の出荷を目指す。

続きは新建ハウジング5月10日号・5面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IBSに見る建材・設備トレンド

防風・防火性能高まる
木製サッシュ


需要開拓へ
ファイバーグラス製も

 
 NAHB(全米ホームビルダー協会)が主催するIBS(インターナショナルビルダーズショー)は2月7日〜10日、アメリカ・フロリダ州で開催した。

 約1800社が出展、10万人が来場した世界最大規模の見本市から透けて見える建材・設備のトレンド、流通の変化などを、鋸a建築設計事務所(長野県)の青木和壽さんに解説してもらう。

続きは新建ハウジング5月10日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストック型社会の住宅政策

建物の価値を
200年スパンで評価


「築年数」でなく
「使用可能年数」で

 
 (社)住宅生産団体連合会(東京都港区)は、日本の長寿命住宅を実現するしくみをつくるため、諸外国の実態を調査・分析した結果を「住宅の長寿命化に関する海外調査及び検討業務報告書」としてまとめた。

 「200年『もたせる』住宅」をテーマに、新しい資産価値評価システムの提言などを盛り込んでいる。

続きは新建ハウジング5月10日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ

posted by editor at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。