2009年05月22日

消費者動向をよむ

無視できない施主ブロガーの影響力

施主ブロガー101にアンケート
評判が検索通じネット上で流通


 (財)住宅都市工学研究所(東京都新宿区、三澤千代治代表)と「しあわせデザイン研究所」((株)SDI、大阪市淀川区、馬渕裕嘉志代表)は、「平成20年度家づくりブログ(施主ブロガー)の意識及び影響力等に関する調査」を実施。

 その結果を報告書としてまとめた。

 施主ブロガーは「自分の家づくりの記録を残すため」にブログを開始したという人がほとんどだが、ブログを公開することで施工業者に対するけん制の効果も期待しているなどの実態がわかった。

続きは新建ハウジング5月20日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:54| Comment(72) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長期優良住宅の使い方

「お得度」を示す

補助金まで使えば300万円お得に

 長期優良住宅法を工務店が活用する際のポイントをシリーズで解説する。

 今回は経済対策で強化された金融メリットをアピールする方法について。

続きは新建ハウジング5月20日号・4面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市場レポート

需要喚起政策で動き出した消費者
ただし契約は慎重、検討期間も長期化


関心高まる住宅エージェント

 株価の回復など一部に明るさは見えるが未曽有の不況が続く日本。

 だが「消費者が住宅取得に動き始めた」と多くの業界関係者が異口同音に口にするようになった。

 住宅市場の本格復活はまだ先だが、地価の下落や国の住宅需要喚起施策に後押しされ、たまったマグマがその出所を探すように一部の消費者が住宅取得の動きを活発にしてきている。

 ただし、富士ハウス問題や先行き不透明感もあって契約は慎重。

 そのなかで住宅会社との折衝を代行する住宅エージェントへの関心が高まりを見せ始めている。

 これらの動きを追った。

続きは新建ハウジング5月20日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工務店オピニオン

「本当の200年住宅」

長期優良住宅の基本は
「きちんと直して長く使う」


玉川光昭・(有)玉川工務店さん

 福島県南相馬市で玉川工務店を経営する玉川光昭さんは「地方には地方の家づくりがある」というメッセージを込め、自社が進める地域に根ざした家づくりの実践を住まい手向けにまとめ、書籍も出版した。

 中央(ハウスメーカー)の模倣ではなく、地域的な背景を強みとして生かした家づくりの重要性を訴え、他の工務店にも情報発信を呼びかける。

続きは新建ハウジング5月20日号・8面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新法・新制度 ここが疑問

瑕疵保険の保険料
保険料を直接請求しない選択肢も


住宅会社は10月までに保険料について方針を
保険制度やメリットの説明が不可欠


 相次いでスタートする新法・新制度の施行期日が迫るなかで読者からより具体的な疑問や不安が出てきている。

 編集部に寄せられたこうした疑問や不安について調査結果を報告する新コーナー。

 今回は瑕疵担保責任保険について、「保険料の加入にかかる費用を施主に請求できるか?」との疑問について調べた。

続きは新建ハウジング5月20日号・16面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラット35

補正予算で大幅拡充へ
フラット35が使いやすく


100%融資が可能に
当初20年間の金利0・3%優遇


 政府は「経済危機対策」として2009年度の補正予算案を国会に提出した。

 想定を超えて悪化を続ける日本経済を下支えするのが目的で、関係経費は15兆円超と過去最大となった。

 国土交通省は「安心と活力のための基盤づくり」に国費1兆6290億円、補正予算追加額総計国費2兆3321億円を計上している。

 ここではその中から直接住まい手のメリットとなる「フラット35」の拡充策を紹介する。

続きは新建ハウジング5月10日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営

無垢材家具で差別化する
「家具屋」と「工務店」のコラボレーション


設計段階で生活にマッチした家具提案

Gankooyaji.net by 頑固おやじ.

 「生活者とともに家具から発想する家づくりで差別化をしませんか?」と工務店に呼びかけるのは、Gankooyaji.net by 頑固おやじ.(茨城県水戸市)の大原幹生マネージャー。

 家具屋から見た新築現場の課題や提案の声を取材した。

続きは新建ハウジング5月10日号・3面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不況に負けない経営

「あたり前のことをバカみたいにちゃんとやる」

不況時こそ明るく楽しくビジネスを

山地章夫さん(インターデコハウスFC代表)

 インターデコハウスFC(運営:ハウジング山地(株)、北海道札幌市)は4月15日、「全国大会チャレンジ2009」を開催した。

 そのなかから山地章夫社長の講演を抜粋して紹介する。

続きは新建ハウジング5月10日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さなリフォーム会社の経営

自然素材のコーディネート前面に

「なぜ土壁仕上げなのか」
歴史や持続性もふまえ


アップル

 アップル(栃木県下野市)は、新興の小さなリフォーム会社。

 代表の大竹清彦さんが8年前に設立、JR宇都宮線自治医大駅前に「リフォームアップル自治医大店」をオープンした。

 当初は「修繕何でもあり」の店だったが、5年前に無垢材・自然素材の提案を主軸にすえ、現在はエコリフォームに特化する。

続きは新建ハウジング5月10日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着工戸数から見る市況

08年度の持ち家着工
0.4%減の31万664戸


足もとも大幅に前年割れ
市況回復は今年下半期以降に


 2008年度の新設住宅着工戸数は前年度比0・3%増の103万9180戸で、2年ぶりに増加した。

 ただしこれは07年度が基準法改正により40年ぶりの低水準に落ち込んだ反動。07年度を除くと、1966年度以来42年ぶりの低水準だ。

続きは新建ハウジング5月10日号・12面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長期優良住宅対応

大手で加速
長期優良住宅対応


タマホームが先手
長期優良住宅を標準仕様に


国交省 先導的モデル事業の普及型新設

 6月4日の長期優良住宅法の施行を間近に控え、官民で長期優良住宅対策が活発化している。

 大手の長期優良住宅商品が登場、戦略も見えてきた。

 一方で工務店は対応に差が出てきている。このため国土交通省は長期優良住宅先導的モデル事業に普及型を追加、工務店の対応を支援する。

 官民の動き整理する。

続きは新建ハウジング4月30日号・1面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅瑕疵担保履行法

瑕疵保険加入にあたって
工務店が確認しておくべきポイント


「宅地業者発注の分譲住宅」
建設業者は保険不要


 今年10月から住宅瑕疵担保履行法が実質スタート。

 工務店や建設会社には、引き渡す新築住宅に瑕疵担保保険をつける義務が発生する。

 申し込みや現場検査など、これまでなかった業務が必要となるため、そろそろ準備しておきたい。

 加入直前のいま、再度確認しておきたいポイントを保険法人への取材にもとづいて整理した。

続きは新建ハウジング4月30日号・6面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小さな家」の可能性

普段の暮らしを充実し楽しむ

「丁寧な暮らし」は「ハレ」より「ケ」

 前回(4月20日号)は、工務店が小さな家を追求する際に念頭に置くべきは「丁寧な暮らしのための器」であり、そのためにはもう少し深く「丁寧な暮らし」という価値観について考える必要がある、と述べた。

 今回は「丁寧な暮らし」について解説する。

続きは新建ハウジング4月30日号・7面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォームの時代

「民主党住宅ビジョン」をよむ

「リフォーム大作戦」で「緑の成長戦略」

 民主党が4月頭に発表した「民主党住宅ビジョン」を紹介する。

 自民党の「200年住宅ビジョン」はその後法制度化され「長期優良住宅法」へとつながったが、民主党が政権を獲ればこの民主党住宅ビジョンのなかから法制度化されるものが出てくる可能性が高い。

 総選挙の時期、その後の政権の行方を読むことは難しいが、その意味で参考にしておきたい。

続きは新建ハウジング4月30日号・8面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国大連の建築・建材動向レポート

マンション
買い控えから再び購入意欲
価格も下げ止まりの兆しみせる


建材
シックハウス対応・日本製・
省エネ(断熱気密材)にトレンド


 中国・大連の「第14回国際建築装飾材料展覧会」(同時開催・大連春季住宅交易大会)が4月9〜12日に行われ、主催者の招きで本紙記者が講演と取材で大連を訪問した。

 昨年8月から続いた中国都市部の不動産(マンション)市況下落が今年3月には下げ止まりの兆しがみえ、今回の建材・マンション両展示会は、主催者によると「昨年以上の来場者を数えた」という。

 大連の建築・建材動向をレポートする。

続きは新建ハウジング4月30日号・10面で。
>サンプルのご請求は[こちらから]。


●新建ハウジングWEBへ
posted by editor at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新号の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。